ちょっとした不思議。。。

ちょっとした不思議なのですが

少し前までは、部屋がとても汚くて

クローゼットもぎゃーーーって感じで

とにかく、服はだしっぱなし。。。

キッチンはお見せできません

業者さん来ないで!!

って感じだったのですが

最近、片付けすると

なぜ、服が出しっぱなしだったのか

あんなに調理台の面積がなかったのに

どうやって料理していたのか不思議で不思議でなりません。。。

汚いキッチンで料理していたような。。。

ほぼA3が二枚か三枚おけるかというような面積で料理していた記憶はあるのですが

どうやっていたんだろう?。。。

服もなんで脱いだら脱いだまんまにしていたんだろう。。。

いや、確かにクローゼットに入れるの大変だったんだけど。。。

とちょっとした記憶喪失だったりします。

元恋人が

もう散らかりすぎて発狂する!!!

と言っていたのがなんとなくわかるような気がします。。。

これは、感覚の問題なんだと思うのですが

そうしている人からするとなぜ?

って感じなんですよねぇ。。。

捨てられない→物がいっぱい→だから片づけられない

って感じなんですけどね

まずは捨てる

だけどそれが本当に難しいんですよね。。。

ただ、一度きれいにしちゃうと

なんで昔あんな感じだったのか

どういう生活をしていたのかさっぱり思い出せなかったりします。

不思議ですねー
キッチンをきれいにしたので

片付け楽になりました。

まず捨てたのは、お菓子作りのグッズと賞味期限の切れた食品

あとはノベルティでもらったコップ

少し気にいらない食器とかひびが入っているものとか。。。

よほど気にいっているもの以外は難癖をつけて捨てました。

で、空いたスペースに使うものを。

当たり前といったら当たり前なんですけどねー。

我が家のキッチンは東北のキッチンなので神様グッズ(酒、塩、榊たまにお香)

を置いているので

夜寝る前に、調理台は神様グッズだけにして

ふきんで拭いて寝ます。

本当は、洗った食器も片づけて寝たいのですが

私は自然乾燥派なので

それは朝起きてからの作業にしています

でも、包丁だけは片づけます。

そして、朝起きて昨日の晩の食器を片付け

朝ごはんを作って食べて

食べ終わったら洗って食器洗いのかごに

夕食作る前にはあらかた乾いているので

片手にきれいなふきんを持って片づけます。

そして、晩御飯を作りながらボウルとか洗ったり

食べ終わったら洗って置きます。

寝る前に、台所に行って調理台に何もないか見て

台所の神様に感謝して寝ます

毎日の流れは今こんな感じなのですが

これをしていなかったころってどうだったんだー?。。。

していない人からすると

めんどくさそう

している人からするとえー普通だよ

という。。。

感覚の違いというのか習慣の違いって怖い
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント